花籠 組織培養(メリクロン)

ヤフオクでは

いろんなタイプのアガベが 大量に出品されています。

どれも 迫力マンテン

かるいキモチで ポチっと 入札に参加するも

すぐに高値更新されました。

ハオルチアも そうですが

組織培養技術で

優良株が 大量生産されると

お手ごろ価格になり 

うれしいキモチと さみしいキモチと 複雑です。

ホームセンターで 花籠が 500円で 投げ売りされている

・・・サボテンにも

そんな 時代が 来るのでしょうか?

そうなったら ちょっと かなしい・・・

写真は

花籠 カキコ株

大きな 凛とした花が 咲きました。

そして

綿毛(アレオーレ)には 小さな黒いタネが あふれ出ています。

さっそく

タネを 回収し タネまきしました。

下の写真の花籠も

綿毛の中に タネが 見えます。

タネを回収し

タネまき 完了!

この群生株・・・綿毛が白い!

10年ほど 育ててきましたが はじめて その特徴に気づきました 汗

下の写真の

花籠も タネを回収

すぐに タネまき

タネを求めて アレオーレの中を 深追いすることは しません。

組織培養技術とは ちがい

実生は

気のながーい 地道な作業です。

さてさて

芽は 出てくれるかな?