菊水綴化  花籠の芽吹き キター

2年以上前に

台木から 切り離した 菊水綴化

手前の株は

発根を 確認してから 植えつけたので

安心ですが・・・

下の株は

なかなか発根せず

結局 発根を確認できぬまま 穂木を土の上に 置きました。

かれこれ 2年 経っています。

扇のような形で しかも ふっくらしている。

裏側(下の写真)は サンゴの石を 枕にして 支えています。

地際には

ウニョウニョとした 成長点が 見られます。

発根しているかどうか?

抜きあげて 確認する勇気は ないので

ツマヨウジで 維管束部分を 慎重に ホジホジしてみると

ちーーーっちゃい根(下の写真)が ヒョロ~と 出てきた!

まさか!? 根は これだけ?

きっと ズブトイ根が 出てきていると信じて そっと しておきます。

さてさて

前日は 3粒だった 花籠の発芽ですが

20粒ほど 発芽してきています。 この調子! この調子!